ビックカメラのセルフプリントの料金や時間、店頭での使い方を解説!写真プリントの様々な機能は必見!

スマホなどで撮影した写真は、自宅のプリンターで印刷するよりも、ビックカメラなどでやった方がリーズナブルです。

何故かと言いますと、自宅のプリンターで写真をプリントアウトすると、インクがすぐになくなってしまうのでコスパが非常に悪いからです。

本記事では、ビックカメラのネットプリントの値段や使用方法、フォトブックやシール、焼き増しなどについてご説明しています。

スポンサーリンク

ビックカメラのセルフプリントの料金と時間

ビックカメラにおける、写真プリントの料金と時間は以下の通りです。

ビックカメラのセルフプリントの料金と時間

ビックカメラのセルフプリントの料金と時間

デジカメプリント店頭の場合(仕上がりは最短で45分~)
  • Lサイズ 39円(税込み)
  • 2Lサイズ 88円(税込み)
デジカメプリントネットの場合(仕上がりは最短で3時間~)
  • Lサイズ 31円(税込み)
  • 2Lサイズ 88円(税込み)
  • 大きいサイズのプリント 1,650円~
  • シャッフルプリント 314円~
  • クリスタルプリント 990円~
  • デジタル証明写真 660円~
  • ポストカード 2,803円~
スポンサーリンク

ビックカメラ|写真プリント機の使い方(店頭)

ビックカメラには写真のセルフプリント機が設置されている店舗があります。

セルフプリント機は、デジタルカメラやiPhoneなどのスマートフォンで撮影した写真を、すぐに写真プリントできるサービスで、自分で機械を操作して印刷を進めていくものです。

セルフプリントの使い方
  1. デジタルカメラのメモリーカードやスマートフォンを機械に接続
  2. 画像データを読み込む
  3. プリントしたい画像を選ぶ
  4. お金を投入
  5. その場で写真が受け取れる

自宅にプリンターがなくても、すぐに写真をプリントアウトできるので便利なサービスです。

もちろん、ビックカメラなので画質も良く、仕上がりもキレイです。

あなたにおすすめの広告
スポンサーリンク
ビックカメラ
GOOD POINT!